パンドラの箱。

煮詰まってしまいました。
気分転換に海までお散歩です。
海までは歩いて10分くらい。
歩きながらも、仕事のことを考えます。
少子化→子ども→未来→夢→希望・・・
希望と言えば・・・パンドラの箱。

ギリシャ神話で、神々からパンドラへ
決して開けるなと言われて与えられた箱です。
好奇心を持ったパンドラはこの箱を開けてしまい
中に入っていた人類にとっての様々な災いが飛び出してしまいます。
あわてて閉めましたが、最後に残ったのは希望だけでした。
というものですが・・・・・・
なぜ、災いが詰まっていたはずの箱に希望が?
調べてみました。
一説によると、残ったのは「予兆:未来を知る災い」だそうです。
確かに、未来がわかったのでは夢も希望もなく
つまらない人生になるかもしれません。これも災いですね。
この災いが箱から飛び出なかったので、
人類は希望を失わずにすんだということです。

未来を知る力→未来がわかる→未来がある→子ども・・・
なるほど。

今日の海は、ちょっとモヤがかかってます。

カテゴリー:デザイン | パーマリンク |

コメントを投稿する

コメントは承認後に表示されます。